原稿の作り方|【ポスティング専門&業界最安値宣言】みらいポスティング。確実なポスティング・激安印刷・チラシデザイン。対応エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県

ホーム > 原稿の作り方
ホーム > 原稿の作り方
売れる原稿のつくり方
目的について
  • 何のためにチラシを作るのか、目的によりチラシの内容も大きく変わります。
    いつ、どこで、誰に、なにを伝えたいか、目的をしっかりきめる事がとても大切な事です。
    その上で、タイトル・キャッチコピー・セールスポイントをまとめてみてください。

何のためにチラシを作るのか、目的によりチラシの内容も大きく変わります。
いつ、どこで、誰に、なにを伝えたいか、目的をしっかりきめる事がとても大切な事です。
その上で、タイトル・キャッチコピー・セールスポイントをまとめてみてください。

掲載内容について
  • 売りたい商品・サービスを的確に大きく掲載することにより、チラシを見た方にわかりやすくインパクトを残し、しっかり見て頂く事がポイントとなります。
    掲載する情報が多くなり過ぎると、見る側にとってどこがポイントなのか、何がオトクなのかといった一番伝えたい重要なポイントがボヤけてしまいます。
    情報を整理して、本当に伝えたい事を絞り込みましょう。

売りたい商品・サービスを的確に大きく掲載することにより、チラシを見た方にわかりやすくインパクトを残し、しっかり見て頂く事がポイントとなります。
掲載する情報が多くなり過ぎると、見る側にとってどこがポイントなのか、何がオトクなのかといった一番伝えたい重要なポイントがボヤけてしまいます。
情報を整理して、本当に伝えたい事を絞り込みましょう。

自社の営業力や商品力に合わせた原稿づくり
  • 例えば、競合他社と同等な商品やサービスを提供してる場合は、会社の営業力が売上を左右します。その場合、営業がしやすい構成で原稿をつくることをオススメします。
    その逆で営業力があまり自信がない場合は、訴求力のあるデザインやチラシ自体が営業マンの代わりになってくれるような原稿にすると良いでしょう。
    また、競合他社とで商品力で優位に立っている場合は、いかにその商品やサービスが優れているかを分かりやすくポイントを絞って原稿をつくると効果が期待できます。
    このように自社の営業力や商品力などを分析を行うことで期待のできるチラシになります。

例えば、競合他社と同等な商品やサービスを提供してる場合は、会社の営業力が売上を左右します。その場合、営業がしやすい構成で原稿をつくることをオススメします。
その逆で営業力があまり自信がない場合は、訴求力のあるデザインやチラシ自体が営業マンの代わりになってくれるような原稿にすると良いでしょう。
また、競合他社とで商品力で優位に立っている場合は、いかにその商品やサービスが優れているかを分かりやすくポイントを絞って原稿をつくると効果が期待できます。
このように自社の営業力や商品力などを分析を行うことで期待のできるチラシになります。

カラー、レイアウトについて
  • 商品、サービス、業種、ターゲットによってチラシは大きく変わります。
    その上で、チラシデザインのカラーやレイアウトについてしっかり考えなければなりません。
    例えば、商品サービスをある程度絞ったターゲットに見せるのか、幅広く見せるのかによって様々な角度からカラーやレイアウトを考える必要があります。
    まずはどのように消費者に伝えるのかが重要です。

商品、サービス、業種、ターゲットによってチラシは大きく変わります。
その上で、チラシデザインのカラーやレイアウトについてしっかり考えなければなりません。
例えば、商品サービスをある程度絞ったターゲットに見せるのか、幅広く見せるのかによって様々な角度からカラーやレイアウトを考える必要があります。
まずはどのように消費者に伝えるのかが重要です。

チラシの賞味期限の延ばし方
  • 明確な有効期限、クーポン券などを掲載していない場合、集客するタイミングはいつでも良いと言っているようなものです。
    それではデザインが良いチラシであっても効果は薄まります。
    キャンペーン情報、クーポン券などを入れて顧客にとってメリットのある情報を入れる事によりチラシを保管していただき、チラシの賞味期限を大幅に延ばす事ができます。
    また、時間を意識させることで顧客の直接的なアクションにも繋がります。

明確な有効期限、クーポン券などを掲載していない場合、集客するタイミングはいつでも良いと言っているようなものです。
それではデザインが良いチラシであっても効果は薄まります。
キャンペーン情報、クーポン券などを入れて顧客にとってメリットのある情報を入れる事によりチラシを保管していただき、チラシの賞味期限を大幅に延ばす事ができます。
また、時間を意識させることで顧客の直接的なアクションにも繋がります。

消費者目線
  • 売れるチラシには必ず消費者目線が必要です。
    商品、サービスの説明を文字で細かに説明する事よりも、分かりやすい大きな写真、魅力的なキャッチコピーを入れる方が効果的なチラシと言えます。
    チラシの原稿を考える時は色々なチラシの中から、どうしたら目に留まるか、どんな人の目に留まるか、自分がそのサービスについて知らない事を前提に消費者目線で考える事により、分かりやすく親切・丁寧なチラシになり反響に繋がりやすくなります。

売れるチラシには必ず消費者目線が必要です。
商品、サービスの説明を文字で細かに説明する事よりも、分かりやすい大きな写真、魅力的なキャッチコピーを入れる方が効果的なチラシと言えます。
チラシの原稿を考える時は色々なチラシの中から、どうしたら目に留まるか、どんな人の目に留まるか、自分がそのサービスについて知らない事を前提に消費者目線で考える事により、分かりやすく親切・丁寧なチラシになり反響に繋がりやすくなります。

ページのトップへ戻る